カテゴリー別アーカイブ: 料理のはなし(レシピ集)

プチコテージショップブログ
 Check 

イングリッシュマフィンでBLTサンド

プチコテージオーナーのタナカです。
PC内に眠っている未整理の料理写真を眺めていたらサンドイッチ系のいい写真が3枚出てきました。
そんな訳で、これから3回にわけてサンドイッチレシピを連載したいと思います。

——————————————————————————–

最近イングリッシュマフィンがスーパーに並ぶようになりましたね。

私はというと、某バーガーショップのまずい朝メニューのイメージが強くて敬遠していたのですが、一度食べてみたら大好きになってしまいました^^;

イギリスに住んでいたくせに、イングリッシュマフィンに馴染みがないなぁ・・・
なんて思っていたら、これってザ・イギリス的な食べ物じゃなくて北米・NZなどで広く食べられている物なんですね。

もちろんイギリスでも見かけましたけど、やはり当時から敬遠していました (笑



BLTエッグサンド


イングリッシュマフィンでBLTサンド

材料:

イングリッシュマフィン

B)ベーコン
L)レタス・・・が無かったのでルッコラ
T)トマト



バター(焼きたてパンにたっぷり塗る)
ブラックペッパー
マヨネーズ
粉チーズ






ポイント

イングリッシュマフィンは表面カリカリ中モッチリがポイントなので、焼き過ぎないように!

スクランブルエッグを作る際にバターで炒めるとおいしい。けど高カロリー。

ブラックペッパーを効かせるのがポイント。 ベーコンを焼くときには必須。ペッパー好きなら食べる直前にも。

市販の粉チーズは、食べる直前に摩り下ろすパルミジャーノ・レッジャーノには勝りません。
最近スーパーの粉チーズも高いので、塊のパルミジャーノ(成城石井で購入)のほうが安かったりします。


余談ですが・・・ルッコラもLかとおもったらRucolaでした。 BRTじゃん><

 
カテゴリー: 料理のはなし(レシピ集) | コメントは受け付けていません。
プチコテージショップブログ
 Check 

フライパンでふわふわパンケーキ

“意外と”甘いものが得意ではないプチコテージオーナーのタナカです。


卵料理って難しいですよね。
パンケーキが”卵料理”に分類されるかは議論の余地がありますが、パンケーキもふわふわに焼くのはすごく難しいです。

冒頭で甘いものが苦手と紹介しましたが、パンケーキはチーズやフルーツなど甘くないトッピングも楽しめるので好きなデザートの一つです。

1年ほど前にパンケーキにハマってしまい、ふわふわに焼きあげる為のレシピをいろいろ研究していました。
その時は1週間ほど毎日作り続け食べ続けて(笑)、ある程度納得のいくレシピが出来上がりました。

昨日久しぶりにパンケーキを作ってみたらやっぱりおいしく出来たので、今日はみなさんにもこのヒミツのレシピをご紹介します。




フライパンでふわふわパンケーキ


フライパンでふわふわパンケーキ


材料(約2枚分)

卵1個
薄力粉 1カップ
牛乳 1/2カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
バター 10g
砂糖 適量
塩 ひとつまみ




作る前にポイント確認

薄力粉は丁寧に丁寧にふるいます。 ダマが一個あるだけで食感が悪くなりますからね。

卵白を泡立てて混ぜます。 当然フワフワ感がアップします。

バターを電子レンジなどで溶かして生地に混ぜます。 口当たりが断然良くなります。

ベーキングパウダーは焼く直前に混ぜます。 水に触れた瞬間からガスが出る=焼く時の膨らみが少なくなってしまいます

フライパンは1分程度しっかり予熱した後、濡れ布巾に1秒当てて冷まします。 これでベーキングパウダーが一番活発になる170°C付近に落ち着くらしいです。



生地の作り方

薄力粉を3回 篩(ふるい)にかけます。

ボウル(A) に卵黄+砂糖を入れ、白っぽくなる(砂糖が完全に溶ける)まで泡だて器で混ぜます。

卵白に塩ひとつまみを入れて、しっかりしたメレンゲになるまで混ぜます。

(この辺でフライパンの余熱を開始するとピッタリかも?)

卵黄の入ったボウル(A) に牛乳1/2カップ+溶かしバターを入れて、ゴムベラで素早く混ぜながら薄力粉を全量入れます。

ボウル(A)にメレンゲも入れて、ゴムベラで混ぜます。

焼く直前にベーキングパウダーをふるいにかけながら入れて混ぜます。



焼き方

フライパンを1分ほど加熱します。

濡れ布巾に1秒当てたら弱火~中火にかけて、生地を焼き始めます。(焦げ付く鍋を使う場合はペーパーで油を薄くひきます)

生地を入れたらすぐにフタをして、一気に膨らましにかかります。

(量にもよりますが)1分30秒ほどで裏返します。 (縁が固まってきて上面はドロドロの状態。かえしにくいので気をつけて。。)

フタをして反対の面を1分ほど焼いたら完成!!





注意点

・ポイントはなんといってもフライパンの温度です。 こればかりは何回か作って最適な火加減を見つけるしかないです。。

・一般的には予熱は1分ほどで充分と言われていますが、厚手の鍋では3分ほど余熱したほうが上手に焼けます。 テフロン加工の場合は傷つく可能性がありますので気をつけてください。

・予熱とはフライパンを均等に温める為の作業。 根菜を芯まで柔らかく煮るように、決して強火にしないで中火でじっくり温めます。

・厚手のフライパンの方が温度を安定させやすいのでオススメです。 どうしても上手く焼けない時はフライパンを疑ってください。

 
カテゴリー: デザート, 料理のはなし(レシピ集) | 1件のコメント
プチコテージショップブログ
 Check 

挽肉ゴーヤー丼・・・夏の終わりに

プチコテージオーナーのタナカです。

季節の食べ物は何でも大好きな私ですが、夏は特にゴーヤーが大好きです!

しかし! 何故か今年の夏は食べるのを忘れてしまい、気が付けば9月になっていました・・・

9月は(勝手に)ゴーヤー月間ということで、毎週ゴーヤー料理を堪能しております。




挽肉ゴーヤー丼


挽肉ゴーヤー丼


材料 (2人分)

・豚挽肉 (合挽きでも) 300g 
・ゴーヤー 1本

・しょうゆ 大3
・みりん 大1
・砂糖 大1
・一味唐辛子 適量

・小口ネギ
・鰹節
・卵黄



作り方

下準備:ゴーヤーの種を取り薄切りにしておく

調理:

挽肉をフライパンに入れて中火にかける。 出た肉汁が肉に戻るまでじっくり炒める。汁が透明になったら次へ。

ゴーヤーを入れて軽く炒めたら、醤油・みりん・砂糖・一味唐辛子を適量入れて、ひたひたになるまで水を入れる。

中火で煮込んで、汁気が少なくなったら完成。

ご飯の上に具を盛りつけて、卵黄・ネギ・鰹節を散らす。





今日のポイント

・なんでもピリ辛にする悪癖が治らず、今回も辛くしてしまいました。 一味唐辛子は入れなくてもおいしいのでお好みで。

・写真映えするので卵黄のみ乗せましたが、食べる時に卵白も混ぜて食べました^^;

・ゴーヤーの卵の相性は抜群なので、 1,三色丼風に炒り卵を載せる 2,半熟卵をのせる などのバリエーションもきっと美味しいと思います。

・家族にゴーヤー嫌いがいる場合は、最初に塩もみして洗ってから使うと苦味が薄くなります。


 
カテゴリー: 和食, 料理のはなし(レシピ集) | 1件のコメント
プチコテージショップブログ
 Check 

フレッシュジュースレシピ再開します♪



以前、と言ってもかなり昔ですが、
プチコテージで連載をしていた「フレッシュジュースレシピ」というのがあります。

当時は30日間限定の連載で30個のレシピをご紹介し、
無事連載は終了していました。

まだ記事は残っているのですが、
とっても好評でまだ沢山の方がアクセスしてくれています。

ですので、こちらのブログで記事を再編しレシピを検索しやすくしてみました。
活用して頂けますと嬉しいです☆

私自身フレッシュジュースが大好きですので、
新しいレシピを開発したら、このブログでもまたご紹介していきますね!

家にある果物などで挑戦していただけますと嬉しいです♪

【カワモトアヤコ】

 
カテゴリー: お店のハナシ, フレッシュジュース | コメントは受け付けていません。
プチコテージショップブログ
 Check 

りんごと桃のフレッシュジュースレシピ



桃を使ったフレッシュジュースです♪
りんごの爽やかさと桃の甘みがベストマッチなジュースが出来上がりました♪


「りんごと桃のフレッシュジュース」

~レシピ~

※出来上がリ量 150ml

りんご・・・半個
桃・・・半個
ヨーグルト・・大さじ1
豆乳・・・・100ml


以上をミキサーにかけます。

桃は缶詰で代用しても結構です。
アレンジとして、レモンの絞り汁を加えてもスッキリとした酸味が加わって美味しくいただけると思います♪

甘さが足りない場合はハチミツを加えてください。

桃は食物繊維、ペクチンなどが豊富に含まれているので便秘解消にもとってもオススメです。


【効能】
・美肌効果
・がん予防
・便秘改善
・糖尿病の予防
・コレステロールの低下
・脳卒中予防
・高血圧予防
・心臓病予防
・風邪予防
・老化防止(アンチエイジング)

【写真に登場したアイテムたち】
フリルガラスのカップアンドソーサー

 
カテゴリー: りんご, フレッシュジュース, | コメントは受け付けていません。