カテゴリー別アーカイブ: デザート

プチコテージショップブログ
 Check 

フライパンでふわふわパンケーキ

“意外と”甘いものが得意ではないプチコテージオーナーのタナカです。


卵料理って難しいですよね。
パンケーキが”卵料理”に分類されるかは議論の余地がありますが、パンケーキもふわふわに焼くのはすごく難しいです。

冒頭で甘いものが苦手と紹介しましたが、パンケーキはチーズやフルーツなど甘くないトッピングも楽しめるので好きなデザートの一つです。

1年ほど前にパンケーキにハマってしまい、ふわふわに焼きあげる為のレシピをいろいろ研究していました。
その時は1週間ほど毎日作り続け食べ続けて(笑)、ある程度納得のいくレシピが出来上がりました。

昨日久しぶりにパンケーキを作ってみたらやっぱりおいしく出来たので、今日はみなさんにもこのヒミツのレシピをご紹介します。




フライパンでふわふわパンケーキ


フライパンでふわふわパンケーキ


材料(約2枚分)

卵1個
薄力粉 1カップ
牛乳 1/2カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
バター 10g
砂糖 適量
塩 ひとつまみ




作る前にポイント確認

薄力粉は丁寧に丁寧にふるいます。 ダマが一個あるだけで食感が悪くなりますからね。

卵白を泡立てて混ぜます。 当然フワフワ感がアップします。

バターを電子レンジなどで溶かして生地に混ぜます。 口当たりが断然良くなります。

ベーキングパウダーは焼く直前に混ぜます。 水に触れた瞬間からガスが出る=焼く時の膨らみが少なくなってしまいます

フライパンは1分程度しっかり予熱した後、濡れ布巾に1秒当てて冷まします。 これでベーキングパウダーが一番活発になる170°C付近に落ち着くらしいです。



生地の作り方

薄力粉を3回 篩(ふるい)にかけます。

ボウル(A) に卵黄+砂糖を入れ、白っぽくなる(砂糖が完全に溶ける)まで泡だて器で混ぜます。

卵白に塩ひとつまみを入れて、しっかりしたメレンゲになるまで混ぜます。

(この辺でフライパンの余熱を開始するとピッタリかも?)

卵黄の入ったボウル(A) に牛乳1/2カップ+溶かしバターを入れて、ゴムベラで素早く混ぜながら薄力粉を全量入れます。

ボウル(A)にメレンゲも入れて、ゴムベラで混ぜます。

焼く直前にベーキングパウダーをふるいにかけながら入れて混ぜます。



焼き方

フライパンを1分ほど加熱します。

濡れ布巾に1秒当てたら弱火~中火にかけて、生地を焼き始めます。(焦げ付く鍋を使う場合はペーパーで油を薄くひきます)

生地を入れたらすぐにフタをして、一気に膨らましにかかります。

(量にもよりますが)1分30秒ほどで裏返します。 (縁が固まってきて上面はドロドロの状態。かえしにくいので気をつけて。。)

フタをして反対の面を1分ほど焼いたら完成!!





注意点

・ポイントはなんといってもフライパンの温度です。 こればかりは何回か作って最適な火加減を見つけるしかないです。。

・一般的には予熱は1分ほどで充分と言われていますが、厚手の鍋では3分ほど余熱したほうが上手に焼けます。 テフロン加工の場合は傷つく可能性がありますので気をつけてください。

・予熱とはフライパンを均等に温める為の作業。 根菜を芯まで柔らかく煮るように、決して強火にしないで中火でじっくり温めます。

・厚手のフライパンの方が温度を安定させやすいのでオススメです。 どうしても上手く焼けない時はフライパンを疑ってください。

 
カテゴリー: デザート, 料理のはなし(レシピ集) | 1件のコメント
プチコテージショップブログ
 Check 

混ぜるだけティラミスと自家焙煎コーヒー

このブログのタイトルの通り、プチコテージの住人はコーヒーマニアです。
私、プチコテージオーナーのタナカに至っては、生豆(きまめ)を取り寄せて自家焙煎しています 笑

そんなコーヒー好きの私が大好きなスイーツが「ティラミス」。
カフェでケーキを頂く際は必ず紅茶と合わせる趣向の私にとって、数少ないコーヒーとの相性抜群パートナー。
そしてわずか30分で出来てしまう、超簡単スイーツです。


今回はプチコテージ風超簡単ティラミスのレシピをご紹介します。

「超簡単」と言うからには、材料の調達も超簡単でなくてはいけません。
日本中、どこのスーパーでも入手できる材料で作ります!

混ぜるだけ!簡単ティラミス
材料:

生クリーム 200cc
クリームチーズ 200g
卵 3個
菓子パンコーナーのカステラ or 蒸しパン 1袋
グラニュー糖 お好みの量
ココアパウダー 適量

エスプレッソ or ものすごく濃いコーヒー



作る前に知っておくと便利なTips:

写真の通り、出来上がりは4層になります。 下から「カステラ+エスプレッソ」「卵黄+チーズ」「卵白+生クリーム」「ココアパウダー」です。

本当は「マスカルポーネ」が好みですが、スーパーによっては売っていない場合があります。
「クリームチーズ」のほうが酸味が効いておいしい、という方もいますので、この辺はお好みで。

カップの底に敷く食材は「カステラ」「蒸しパン」の他、ビスケットを砕いた物でもOKです。
でもビスケットを砕いてると、目標の30分以内に完成するのは至難の業・・・

お好みでエスプレッソにブランデーを混ぜると、大人っぽい味になります。
運転前にはご注意を。。。

最終的にカップ何個分になるか、準備段階では想像もつきません 笑
私も今回、家中のカップを集めて準備しましたが(10個ほど)、 実際に出来たのは150cc程度のサイズのカップで6カップ分でした^^;
無駄骨の4カップに敷き詰めたカステラは、そのまま素で頂きました。。

甘さは好みが分かれるポイントなので、あえて分量を記しませんでした。(というか自分で作る際も測っていない^^;)
申し訳ありませんが、味見しながら作ってください。






作り方

・ティラミスを入れるカップを準備する。 

・カップの底に、カステラを1cm厚で敷き詰める。 エスプレッソを満遍なくかける。 一旦冷蔵庫へ。

・卵3個を 卵黄 と 卵白 に分ける。

・卵黄+クリームチーズ+砂糖適量 を、なめらかになるまで混ぜる。 混ぜ終えたらカップの半分まで入れて冷蔵庫へ。

・卵白+砂糖適量を電動ミキサーで泡立ててメレンゲにする。 卵白は傷みやすいので、すぐに冷蔵庫で保管する。

・生クリーム+砂糖 を泡立てたら、ゴムベラでメレンゲと混ぜる。

・先ほどのチーズクリームを入れたカップに乗せていく。 出来たらアルミフォイルなどで蓋をして、すぐに冷蔵庫へ。

・食べる直前に、ココアパウダーをふるいにかけながら散らす。



家中のカップを総動員!!
いろいろなガラスカップを総動員して作りましたが、違う大きさ、デザインのカップのティラミスが並ぶと、逆におしゃれかも??

後ろに写っているコーヒーサーバーは、現在販売検討中のケメックス・コーヒーサーバーです。
コーヒーマニアの私がテストと称して毎日毎日使っていますので、「品質・機能性・デザイン」などに満足がいけば来月にでもお客様達にご紹介できるかもしれません。


ちなみに今日のコーヒーは「キリマンジャロ」メインのブレンドです。
深煎り・細挽きで抽出した苦めのコーヒーが、ティラミスにはよく合います。

 
カテゴリー: デザート, 家カフェ, 料理のはなし(レシピ集) | コメントは受け付けていません。