Check 

手ぬぐいの洗い方と香り付け。



今の季節、外出に手放せなくなってしまうほど重宝している手ぬぐい。
使い心地のよさに、私はすっかり惚れこんでしまいました。

汗を沢山かいても、大判サイズですーっと吸収してくれ、
なおかつすぐに乾く!

もう夏は手ぬぐいなしで外出出来ません。

さて、そんな大活躍の手ぬぐい。
お洗濯の仕方に注意点などがあるので、今日はそのお話をしようと思います。



まずとても大切なこと。

【手ぬぐいの色落ちについて】
手ぬぐいは染物のため、新品のものは必ず「色落ち」をします。
何度か洗うと、余分な染料が落ち、色落ちもしなくなってきますが、
新しいものは結構な染料が落ちるので、洗濯機などで他の衣類と一緒に洗わないで下さい
色移りをしてしまいます。



【手ぬぐいの洗い方】
基本的に手ぬぐいは「手で水洗い」(またはぬるま湯)をオススメします。
水洗いといってもゴシゴシするのではなく、私は水に通す程度でいいと思います。
洗剤を使うと色落ちしてしまいますので、
目立つ汚れがない場合は洗剤は使いません。
汚れてしまった場合は、石鹸で優しく手洗いします。
間違っても漂白剤はダメですよーー!
せっかくの味が台無しです(笑)

石鹸も使わず、
水でジャバジャバっと洗って絞るだけ!


とっても簡単です。

【手ぬぐいの干し方】
こちらも簡単。
パンパンと手で振ってシワを伸ばして、
日陰に干すだけ。
(直射日光に当てると、色落ちしてしまいます)
おうちの中でも十分乾きます。
というか、あっという間に乾きます。
夏だと一瞬に感じるほど(笑)




【香り付け】
水で手洗いするだけで、とってもお手入れが簡単な手ぬぐい。
でも夏は汗をいっぱい吸収して、水洗いだけだとちょっと匂いが気になることがあります。

そんな時は、
やっぱりリネンウォーターが大活躍!

水を張った洗面器にリネンウォーターを好みの分量だけ投入し、
手ぬぐいを数分浸します。

その後は、通常と同じく絞って干すだけ。
かすかに香りがついてくれますよ。

もっと香りがほしい!
という時は、スプレーにリネンウォーターを入れて、
陰干ししている手ぬぐいに直接吹きかけちゃいましょう。

———————————————————–

「色落ちする」と何度も書いているとマイナスなイメージに感じてしまいますが、
手ぬぐいの魅力はそこにあります。

新品の発色のよさから、使うごとに少しずつ色が落ち、
「自分の手ぬぐい」になっていきます。

新品にはない良さが・・・なんて書くと
「またその謳い文句?」と言われてしまいそうですが(笑)
でもやっぱりそこに尽きます。

新品だと、ちょっと使うもの遠慮しちゃったり、
思いっきり使えない、と思ったりしますよね。

でもそれが少しずつ自分になじむ「相棒」になってきて、
ちょっと年季が入ってきたけどよろしくね!なんて、
気兼ねせずにめいっぱい使える。
手ぬぐいとしての本領発揮をしてくれるのは、
きっとこの頃から。

使って、洗って、乾かして。
使って、洗って、乾かして。

その毎日の繰り返しを重ねて、ふと新品の同じものを見たときに、
「あー、育ったなぁ」なんて。
そんな感慨にひたりたくて、私も手ぬぐいを持つようになったのかもしれません。

【カワモトアヤコ】

 
夏にピッタリ!新柄の手ぬぐいが入荷

kawamoto の紹介

カワモト。 副オーナー。デザインや写真撮影、仕入れ担当。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。
カテゴリー: お手入れの仕方, 商品紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。