Check 

「コクリコ坂から」を観てきました。~ミニレビュー~



昨日仕事が終わってから気になっていた「コクリコ坂から」を観て来ました。
あまり期待していなかった、と言えば失礼ですが、
いい意味で裏切られ、とーーーーーってもいい映画でした。

後味がよく、今日もまだ余韻にひたっています。

舞台は私の大好きな「横浜」だし、
先日ちょうど山手の洋館めぐりをしたこともあり、
世界観にすーっと入り込めました。

ストーリーはいたって単純ですが、
そこに生きる人たちの芯の強さや、日本人の美しさが際立っていたと思います。



この映画の感想を見ていると、意見がまっぷたつに分かれていてビックリしました。
私のように「すごくいい!」と言っている人、「意味が分からない。」と言っている人。
どうやら世代間で違うらしいです。

10代、20代前半の方には世界観もふくめ、しっくりこないようです。
もちろんすべての方がそうではないですが。

登場人物は高校生ですが、この映画のターゲットは30代~の大人のようです。
どうしよう、すごくはまってしまった!(笑)
昨日誕生日を迎え30代の仲間入りをしたからでしょうか(笑)



冒頭でご飯を作るシーンがあるのですが、
そこがとても丁寧に描かれていて、
私はそこを見ながら「かもめ食堂」を重ね合わせていました。

丁寧な日本の美しい生活がそこにありました。

きっと「かもめ食堂」シリーズが好きな方は
私のようにグッと胸にくるのではないでしょうか。

ラピュタや千と千尋のようにファンタジーの要素はないですが、
とってもいい映画を観たなぁと思います。

映画を観終わったあと(鑑賞前でもいいですが)、
宮崎駿さんが書いた「企画のための覚書」を読むとさらに余韻にひたれます。


写真は先日山手で洋館巡りをしたときのもの。
「コクリコ坂から」の別の予告CMでも登場している場所です。

最後にひとつだけこの映画の欠点を挙げるとしたら、
エンドロールが短ーーい!!

手島葵ちゃんの歌を聴きながらもっともっと余韻に浸りたかったのにー。
私のように物足りないと思った方はサントラを聴きながら帰るといいかもしれません(笑)

さぁ、今日もがんばろうかな!

【カワモトアヤコ】

 
夏にピッタリ!新柄の手ぬぐいが入荷

kawamoto の紹介

カワモト。 副オーナー。デザインや写真撮影、仕入れ担当。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。
カテゴリー: ミニレビュー, 映画・テレビ・ドラマ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。