Check 

きのことキャベツのスパゲッティ

こんにちは。
暑さで食欲が無くなっても一向に痩せないプチコテージオーナーのタナカです。 
 
 
今日も簡単レシピを紹介します^^
 
暑さに負けない為にも「にんにく」「とうがらし」を食べてやろう!と思いつき、冷蔵庫を覗いてみました。
 
野菜室には古くなりかけた”しめじ”が2袋も眠っていたので、きのこをたっぷりつかったスパゲッティ・ペペロンチーノを作りました。
 
 
 
ペペロンチーノは簡単ゆえに多少コツがありますが、ポイントは2点だけ。
 
1, にんにくは芯を取り、弱火で香りをじっくり出す。
2, ガーリックオイルに茹で汁を「少しづつ」足して、上手く混ぜる。
 
これだけでおいしいパスタの出来上がりです!
 
 
 
 
 
【きのことキャベツのスパゲッティ・ペペロンチーノ】
 
きのことキャベツのスパゲッティ・ペペロンチーノ
 
【2人分の材料】
 
・スパゲッティ 200g
・しめじ 1株
・キャベツ 1/8個
 
・にんにく 2かけ
・輪切り唐辛子 ひとつまみ
 
・オリーブオイル
・塩

 
 


【手順確認】

1.にんにくをじっくり温めて「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」を作り、茹で汁を混ぜてスープ状にする。

2.スパゲッティを茹でる。途中から具も一緒に茹でる。 1分早めにザルにあげる。

3.フライパンで1分ほど全体を茹でて完成



 
 
【作り方】
 
・スパゲッティを茹でるお湯を作る。(2Lに対して大さじ1程度の塩を入れる。) 良き頃合いで茹で始める。 

・きのことキャベツは、食べやすい大きさに切る。

・にんにくの皮を剥き縦半分に切って芯を取り、スライスする。 フライパンににんにくを入れて上からオリーブオイルをたっぷりかける。 火をつけて弱火でじっくり香りを出す。
 
・5分程度したらにんにくが茶色く焦げ始めるので、輪切り唐辛子を入れて鍋をゆする。 (唐辛子はすぐに焦げるので、心配な場合は火を止めてから投入してください。)
 
・フライパンの火を少し強めて、パスタの茹で汁お玉2杯分を少しづつ入れながらかき混ぜる。 オイルが白濁してきたらアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノのソースが完成。
 
・スパゲッティの茹で上がる2分前にきのことキャベツを入れて、一緒に茹でる。
 
・スパゲッティの茹で上がる1分前に全てをザルに上げて、残りの1分をフライパンのソースで煮る感じで炒めて完成!!

 
 
 
 
【ポイント】
 
・一般的なレシピに比べて、お湯に入れる塩の量が相当多いはずです。 今回は全体を通して茹で汁にしか塩を投入していない、という事もありますが、うどん・素麺というしょっぱい麺類に慣れた日本人にはこれくらいがピッタリだと思っています。塩味のついたソースを使う場合は減らしてください><
 
・ソースには塩を入れず、茹で汁に入れた塩分だけで全体の塩味を調節しています。 途中でソースを味見して薄い場合は茹で汁を足してみてください。
 
・スパゲッティと野菜をお湯からあげる際は、面倒でもザルできちんと水切りします。 ソースが薄まっちゃうから^^;
 
 
 

 
ペペロンチーノって何だか夏っぽくないですか?
 
シンプルだけどがっつり食べれて、力がでてきます!
野菜もきのこも入っているので、バテ気味のこの季節にオススメのレシピです。
 

 

 
夏にピッタリ!新柄の手ぬぐいが入荷

tanaka の紹介

タナカ。 プチコテージオーナー。 HPのシステム担当。料理上手でピザとカレーが得意。ピアノが趣味。
カテゴリー: 家カフェ, 料理のはなし(レシピ集), 洋食   パーマリンク

コメントは受け付けていません。